<dl id='bvbd'></dl>

    <code id='bvbd'><strong id='bvbd'></strong></code>
  • <ins id='bvbd'></ins>

    <acronym id='bvbd'><em id='bvbd'></em><td id='bvbd'><div id='bvbd'></div></td></acronym><address id='bvbd'><big id='bvbd'><big id='bvbd'></big><legend id='bvbd'></legend></big></address>
    <span id='bvbd'></span>

    1. <fieldset id='bvbd'></fieldset>

          <i id='bvbd'></i>
        1. <tr id='bvbd'><strong id='bvbd'></strong><small id='bvbd'></small><button id='bvbd'></button><li id='bvbd'><noscript id='bvbd'><big id='bvbd'></big><dt id='bvbd'></dt></noscript></li></tr><ol id='bvbd'><table id='bvbd'><blockquote id='bvbd'><tbody id='bvbd'></tbody></blockquote></table></ol><u id='bvbd'></u><kbd id='bvbd'><kbd id='bvbd'></kbd></kbd>
        2. <i id='bvbd'><div id='bvbd'><ins id='bvbd'></ins></div></i>

            荐书:《性食考》之生命的循环


            启程留学:https://www.qic.ac.cn/【微信/QQ:1119261】

            ■容赦なく開陳される生の循環

            ■毫不留情将生命的循环开诚布公

            レストランやカフェで、ネットに投稿するため注文した品を写真に収めるをよく見かける 。うまく撮れれば、きっとたくさの「いい !」がもらえるだろう 。でも、食べかけを進んでネットにあげる人はいない  。見る方だってそんなのはごめんだ  。手をつけてからでは遅いのだ  。でも、どうして食べかけではダメなのか 。食べている時が最大の喜びではないのか  。

            我们常常能看到传到网上的那些在餐厅、咖啡馆拍摄的餐食照片 ,照片要是拍得好  ,肯定能获得不少人“点赞  !”吧  。然而  ,却不见有人把吃了一半的食物放上网  。因为人们一般受不了那些被吃过的食物吧  。那么  ,为什么吃过的食物就不行呢  ?吃的时候  ,不应该是人生最大乐事吗 ?

            そこには、食べることをめぐる根源的な両義性が影を落としている  。どんなにおいしそうな料理でも、食べることができるのは「私」だけだ 。外見こそシェアできても、味わうことの快楽や滋養は独占するしかない  。

            那是因为 ,围绕饮食这件事  ,背后有着两个方面根源性的含义  。无论是多么美味的料理 ,真正能吃到的只有“我” 。就算食物的样子可以分享给他人  ,但品尝的快乐和食物的营养只能被“我”独占 。

            食べかけとは、その一部が私ではない誰かの体の中に取り込まれ、一体化しつつある「現場」にほかならない  。そこには、独占することの喜びがべったりと張り付いている  。

            而吃剩的东西  ,某一部分已被其他人夺去了  ,无法保持完整的“现场”状况  。此时 ,独占的那种喜悦便无法紧密相随 。

            著者は、そのことを「食べちゃいたいほど、可愛い」という言葉の持つよじれた響きから語り起こす  。それは、親が子に注ぐ、恋人同士が囁(ささや)き合う、この上ない愛の表現だろう  。なのに、どうしてこんなに不穏なのか  。愛が献身を意味するならば、食べることと愛することはむしろ逆の行為のはずだ  。それがなぜ、最大の愛情の表現において一致してしまうのか 。

            作者从“可爱得想要把它吃掉”这句话开始阐述这种心情 。那是比父母对孩子的全心全意、恋人之间的你侬我侬更为深厚的爱的表现吧  。然而 ,为何要如此险恶呢 ?如果把爱从献身的意义上来说的话  ,“吃”和“爱”恐怕应该是完全相反的行为吧  。可为什么“吃”会和最伟大的爱的表现相一致呢 ?

            著者は、そこに殺害と性交の影を見る  。そして、多くの民俗学の語りや文学の言葉を引きながら、食べることは生き物殺しを前提としていること、殺してまで生き延びなければならないのは、子孫を得る生殖のためであること、これらのすべてが、性と食をめぐる人ゆえの業の深さであることを、ゆっくりと、だが容赦なく開陳していく 。

            作者认为“吃”的行为中有杀害和性行为的影子  。本书引用了许多民俗学方面的观点及文学性语言  ,毫不留情地描述着“吃”是以杀死生物为前提的  ,而就算是这样也要“吃” ,那是为了繁衍后代  ,这一切其实都是围绕着性与食 ,是建立在人类身上的罪孽  。

            食べること、殺すこと、交わることは循環している  。その循環は、避けがたく血なまぐさい 。だが、一瞬だけ切り取れば、きれいごとにできなくもない  。「いいね !」と言えなくもない  。食べかけは、この建前を壊してしまう  。どんなにきれいに飾られていても、実はなにものかの死骸ではないか  。そのことを隠すために「文化」は発達したと言ってもいい  。だが、この隠蔽(いんぺい)は少しでも崩れれば効力を失う  。皿の一点の血の汚れが、それを暴露する  。

            食、杀、性 ,不断循环着 。这种循环是充满血腥味儿的 ,且无法避免 。然而  ,只取一瞬间的话  ,也许还是挺华美的  ,甚至会被多加赞许  。而吃的过程  ,却是破坏了美的原则 。无论食物被装点得多么漂亮  ,它始终都不过是某些东西的尸骸罢了  。而为了掩藏这些真实状况  ,“文化”可谓空前发达  。但是  ,这种隐藏若被损坏哪怕一点点 ,就会失去效果  。盘子上只要出现一点点血渍污迹  ,就会完全被暴露出来 。

            と、食べることの不気味さが浮かび上がる  。

            忽然觉得吃这件快乐之事让人觉得不寒而栗起来 。

            性食考 [著]赤坂憲雄

            性食考     【著】赤坂宪雄

            [評者]椹木野衣 (美術評論家)    [掲載]2017年09月17日    [ジャンル]ノンフィクション・評伝

            【评论员】椹木野衣 (美术评论家)    【刊登】2017年09月17日    【类别】纪实文学・评论性传记

            著者:赤坂 憲雄  出版社:岩波書店

            作者:赤坂宪雄    出版社:岩波书店

            翻译为启程日语原创  ,未经授权禁止转载 。

            相关阅读推荐:读书之秋:日本文学作品美句欣赏

               


            出国留学:https://www.qic.ac.cn/【启程留学:导师制留学申请机构】


            日本留学:https://jp.qic.ac.cn/【启程留学: 日本留学申请专家】


            日本读研:https://duyan.qic.ac.cn/【启程留学: 日本读研专家】


            英国留学:https://uk.qic.ac.cn/【启程留学: 英国名校保录】


            日本读研:https://au.qic.ac.cn/【启程留学: 澳洲名校保录】


            日本SGU:https://sgu.qic.ac.cn/【启程留学: 日本英文授课SGU项目】

            出国留学日本语言学校申请英国留学澳洲留学美国留学