日本谚语:馬を崋山の陽に帰し、牛を桃林の野に放つ

时间:浏览:7

馬を崋山の陽に帰し、牛を桃林の野に放つ

【読み】うまをかざんのみなみにきし、うしをとうりんのやにはなつ

【意味】馬を崋山陽に帰し牛を桃林の野に放つとは、戦争が終わり平和になるたとえ  。

意义:马回到华山的阳光下 ,牛放到桃林的田野里  ,这句话比喻战争结束  ,变得和平  。

【注釈】周の武王が殷を滅ぼしたときに、戦争に使用した馬を崋山の南側に帰し、武器などを運搬させた牛を桃林に放って、二度と戦争はしないことを人民に示した故事に基づく  。

注释:周武王覆灭了殷朝  ,释放了战争中使用的马匹至华山南侧  ,搬运武器的牛放鬼桃林 ,向百姓表示再也不会有战争  。

【出典】『詩経』

出处:《诗经》

【類義】帰馬放牛

同义词:归马放牛

【用例】-

例句:无

本翻译为启程日语原创 ,未经授权禁止转载  。

相关阅读推荐:

日语谚语:魚と水

日本谚语:魚の水を得たるが如し