• <tr id='gtj2'><strong id='gtj2'></strong><small id='gtj2'></small><button id='gtj2'></button><li id='gtj2'><noscript id='gtj2'><big id='gtj2'></big><dt id='gtj2'></dt></noscript></li></tr><ol id='gtj2'><table id='gtj2'><blockquote id='gtj2'><tbody id='gtj2'></tbody></blockquote></table></ol><u id='gtj2'></u><kbd id='gtj2'><kbd id='gtj2'></kbd></kbd>

        <span id='gtj2'></span>
        <fieldset id='gtj2'></fieldset>

        <code id='gtj2'><strong id='gtj2'></strong></code>
        <ins id='gtj2'></ins><dl id='gtj2'></dl>

        1. <acronym id='gtj2'><em id='gtj2'></em><td id='gtj2'><div id='gtj2'></div></td></acronym><address id='gtj2'><big id='gtj2'><big id='gtj2'></big><legend id='gtj2'></legend></big></address>
          <i id='gtj2'></i>

            <i id='gtj2'><div id='gtj2'><ins id='gtj2'></ins></div></i>

            热门标签: 日语学习方法

            • 日语真纠结:一个字为啥有这么多读法!


              日语词汇日语日语学习方法方法攻略日语学习日语汉字

              日本語には、 漢字一字にも複数の読み方があり、モノを数えるときにも様々な数え方があり、似たような様子を表すにも微妙に異なった言い方があり、雨一つとっても色々な雨があります。外国人だけでなく日本人でさえ、このように複雑で繊細な日本語をマスターし使いこなすことは至難のわざだと思います。しか し、日本人として生まれ日本で暮らす以上、できれば繊細で奥深い日本語を使ってみたいものです。そこで、少しだけ日本語の奥の深さを見てみましょう。

              日语当中,一个汉字就有多种读法,数数时也有各种数法,表述类似情况也有带微妙差异的不同说法,光是雨的说法就有好多种。别说外国人,就连日本人想要掌握如此复杂而细腻的日语并运用自如也是难上加难。不过,既然生而为日本人且生活在日本,当然是想尽量运用细腻而深奥的日语。那么,我们就来略窥日语的深奥之处吧。

              ◆漢字の読み例えば、「和」の読み

              ◆汉字读法,例如“和”的读法

              平和(へいわ)
              和らぐ(やわらぐ)
              和やか(なごやか)
              和尚(おしょう)
              日和(ひより)・・・熟字訓(汉语词训读)
              大和(やまと)・・・熟字訓(汉语词训读)
              和泉(いずみ)・・・地名
              和義(かずよし)・・・人名など

              ◆助数詞(モノを数えるときに使われることば)

              ◆量词(数数时使用的词)

              丁(ちょう)・・・豆腐など
              枚(まい)・・・盛りそば、ざるそばなど
              膳(ぜん)・・・箸(はし)など
              脚(きゃく)・・・椅子(いす)など
              棹(さお)・・・箪笥(たんす)など
              基(き)・・・墓、古墳、ピラミッドなど
              面(めん)・・・鏡、運動場、プールなど
              張(はり)・・・テント、蚊帳(かや)など
              局(きょく)・・・将棋・囲碁の試合など

              丁(ちょう)・・・数豆腐等
              枚(まい)・・・数荞麦面等
              膳(ぜん)・・・数筷子等
              脚(きゃく)・・・数椅子等
              棹(さお)・・・数衣柜等
              基(き)・・・数坟墓、古墓、金字塔等
              面(めん)・・・数镜子、运动场、游泳池等
              張(はり)・・・数帐篷、蚊帐等
              局(きょく)・・・数象棋、围棋比赛等

              ◆擬態語(ものごとの様子を表すことば)

              ◆拟态词(表示事物状态的词语)

              ヌルヌル・・・ウナギなど
              ネバネバ・・・納豆、オクラなど
              ネトネト・・・糊(のり)、油汚れなど
              ねっとり・・・こしあんなど
              ネチネチ・・・しつこい言い方など

              ヌルヌル(粘粘的)…形容鳗鱼等
              ネバネバ(黏黏糊糊)…形容纳豆、秋葵等
              ネトネト(黏黏糊糊)…形容浆糊、油污等
              ねっとり(胶粘)…形容豆沙馅儿等
              ネチネチ(絮絮叨叨)…形容纠缠不休的说法等

              ◆雨の種類

              ◆雨的种类

              霧雨(きりさめ)・小糠雨(こぬかあめ)・・・細かな雨
              篠突く雨(しのつくあめ)・・・激しく降る雨
              俄雨(にわかあめ)・・・降ってきてすぐやむ雨
              五月雨(さみだれ)・・・旧暦の5月頃に降る雨、梅雨のこと
              夕立(ゆうだち)・・・夏の夕方に急に激しく降る雨
              氷雨(ひさめ)・・・雹(ひょう)、霰(あられ)、霙(みぞれ)、きわめて冷たい雨
              時雨(しぐれ)・・・秋の終わりから冬の初め頃に降ったりやんだりする雨など

              霧雨(きりさめ)・小糠雨(こぬかあめ)・・・蒙蒙细雨
              篠突く雨(しのつくあめ)・・・强降雨
              俄雨(にわかあめ)骤雨・・・突然下起来不久就停的雨
              五月雨(さみだれ)梅雨・・・旧历5月时下的雨,即梅雨
              夕立(ゆうだち)阵雨・・・夏天傍晚突然下的强降雨
              氷雨(ひさめ)冷雨・・・夹杂着冰雹、米雪、小雪等极端寒冷的雨
              時雨(しぐれ)阵雨・・・秋末冬初时分忽降忽止的雨

              難関校や全国模試の過去問を見てみると、盛りそばの数え方や雨の種類など幅広く一般常識を問うようなものもときどき出題されています。日本語の奥深さ、知っておいても損はないと思います。

              看看历来难考的学校以及全国模拟考试题,常常就有这种普通常识类的问题,比如荞面的数法以及雨的种类等,涉及面广泛。所以多了解日语的深奥之处也没有坏处。

              本翻译为启程日语原创,未经授权禁止转载。

              2019-10-03

              阅读全文
            • 起承转合:日语文章的写作方法


              日语写作日语学习方法日语论文微信热门日语学习精华文章写作篇学习方法大讨论日语学习写作

              文章を書く上で基盤となってくる起承転結、そのルールに沿って文章を書いていくことができれば文章のレベルが上がっていきます。

              起承转合是写文章的基础,学会按这个规则写文章,文章的水平就能提高。

              しっかりとした文章を書きたいと思っている人のためにそのルールに沿った書き方と使用例を紹介していきます。

              为了那些想写出结构稳定的文章的人,在这里为您介绍写作规则并举出例子。

              起承転結のコツ

              起承转合的要领

              まず始めの『起』ですが、これは書く文章のテーマ(小論文や感想文)に対しての自分の意見を書きます。

              首先是“起”的部分,这部分要写自己对文章主题(小论文或感想文)的意见。

              小論文ならテーマとなっている文章の著者の意見に対してのYESかNO,感想文なら自分の思ったこと(感動した、面白かった)などの簡単に書きましょう。

              如果是小论文的话,要表明自己对文章中作者的观点是同意还是反对,如果是感想文的话,要简要说明自己的所思所想(很感动、很有趣等)。

              次に『承』です。

              接下来是“承”的部分。

              これはテーマとなっている物に対しての自分なりの解釈や要約のようなものを書いていくのがいいです。

              在这一部分要写出自己对文章主题的解释或概要。

              小論文ならば『著者の述べている……』といった感じで始めて文章の重要箇所の要約を、感想文ならばテーマとなっている物の大まかな内容などを書いていきましょう。

              如果是小论文的话,要像“作者所说的……”这样,写下文章的各个要点,如果是感想文的话,要写下文章主题的大致内容。

              『転』では自分が『承』で書いたことに対しての自分がどう思ったのか、そしてそう思った理由を詳しく書いていきます。

              “转”的部分,要针对“承”的部分的内容,发表自己的想法,然后详细说明自己为什么这么想。

              小論文であればここで著者の意見に対しての自分のYES,NOの意見の明確な理由などを著者の意見と混ぜて書いていければいいです。

              小论文的话,要写下自己同意或反对作者观点的明确理由,和作者的意见相对比,这样写比较好。

              最後の『結』では『起』で述べた自分の感想に少し戻り、「『承』、『転』でこう思ったことにより自分は『起』のように思った。」といった風にまとめることができればベストです。

              最后“结”的部分,要稍微回顾一下自己在“起”的部分的感想,“比起‘承’、‘转’中认为的那样,我认为应是‘起’”,像这样能总结一下比较好。

              最後に

              最後に注意をしなければならないことがあります。

              最后还有必须要注意的一点。

              それは起承転結の順番をバラバラにすることなく、起、承、転、結を順番に書いていくことです。

              不要打乱起承转合的顺序,一定要按照次序写。

              起承転結を混ぜることなく順番に書いていくことができるようになってくれば自然と質の高い文章になっていくはずです。

              如果好好按起承转合的顺序写下来,应该会是一片自然而高品质的文章。

              起承転結をしっかりとさせて四つの文章で構成された作文や小論文は読み手にとって読みやすくなっています。

              依照起承转合的规则,由四部分构成的作文或小论文,对于读者来说,也很容易阅读。

              この順番をしっかりと守って文章を書いていけば高評価が得られる可能性が高くなると思われます。

              如果好好遵守这个规则,写出的文章很有可能得到不错的评价。

              翻译为启程日语原创,未经授权禁止转载。

              相关阅读推荐:日语学习方法之论文篇:怎样写小论文

              2019-10-03

              阅读全文
            • 日语学习方法之语法篇:接续词的种类


              接续词日语学习方法方法攻略学习经验初级日语

              国語の長文問題で、接続詞の穴埋め問題がよく出題されます。

              日语的长句问题中,经常会有接续词填空的问题。

              まず接続詞とはどういうことばなのか考えてみましょう。

              首先,我们考虑一下什么是接续词。

              接続詞は「語句・文章を続けるために使う言葉」です。そして、続く文章が前の文章とどういう関係かによって接続詞は決まります。

              接续词是“为了使语句·文章连贯而使用的词语”。根据后面接的文章跟前文是什么关系,来决定使用哪个接续词。

              ここで接続詞の種類をまとめてみましょう。

              这里,我总结了一下接续词的种类。

              種   類

              意  味

              使われる言葉

              順 接

              前の事がらが原因・理由となって、あとの事がらが結果・結論となることを示すもの

              だから・そこで・すると・したがって・よって

              逆 説

              前の事がらから予想される結果とは逆の結果になることを示すもの

              しかし・だが・ところが・けれど・でも・が

              並列/累加

              前の事がらにあとの事がらを並べたり、付け加えたりするもの

              そして・しかも・なお・それに・さらに・また

              対比/選択

              前とあとの事がらを比べたり、前後の事がらのどちらかを選んだりするもの

              または・それとも・あるいは・もしくは

              説 明

              前の事がらについての説明や補足をあとで述べるもの

              つまり・なぜなら・例えば・すなわち・ただし

              転 換

              前の事がらと話題を変えて続けるもの

              さて・ところで・では・ときに・それでは

              种  类

              意   思

              使用的接续词

              顺  接

              表示前面的事情是原因·理由,后面的事情是结果·结论

              だから・そこで・すると・したがって・よって

              逆  接

              表示出现了和前面事情的预想结果相反的结果

              しかし・だが・ところが・けれど・でも・が

              并列/累加

              接着前面的事情叙述后面的事情,表示补充、附加

              そして・しかも・なお・それに・さらに・また

              对比/选择

              对比前后项,或选择前后项之一

              または・それとも・あるいは・もしくは

              说  明

              后面出现的内容是对前项做的说明或补充

              つまり・なぜなら・例えば・すなわち・ただし

              转  换

              表示话题的转换

              さて・ところで・では・ときに・それでは

              まず、この6つの種類があることを知ることです。

              请先了解这6种接续词。

              そして、接続詞を選ぶとき、この6種類のどれにあてはまるかよく穴埋めの前後の文章を確認することです。  

              然后在选择接续词时,联系填空的前后文,看这6种中的哪一个符合。

              例えば、「忘れ物をした。(   )、家まで取りに帰ろう。」という穴埋め問題を考えて見ます。

              比如,请思考这道填空题「忘带东西了。(   )、回家去取吧。」

              ここにはどのような種類の接続詞が入るでしょうか?

              上の表を見ればみなさんはもう分かるでしょう。

              这里该填哪种接续词呢?

              看了上表,大家应该就能明白了吧。

              (   )の中には順接の接続詞が入ります。

              (         )中应填顺接的接续词。

              ここで大事なのは、まず「接続詞」とは何でどういう種類があるのか理解することです。そこで初めて接続詞に関する問題を解くことができるのです。

              这里重要的是,首先要理解接续词有哪些种类,然后才能解答有关接续词的问题。

              声明:本双语文章的中文翻译系启程日语原创内容,转载请注明出处。中文翻译仅代表译者个人观点,仅供参考。如有不妥之处,欢迎指正。

              相关链接:

              日语连体词、接续词、接续助词汇总

              日语词汇类编:常用词汇——常用接续词

              2019-10-03

              阅读全文
            • 日语学习方法之古文篇:怎样做古典日语读解


              日语学习方法方法攻略日语学习古文古典语法古典日语

              ■古文の文法の理解の仕方

              ■古文语法的理解方法

              文法とはやはり文章中で意味をなすものです。

              语法是文章中构成含义的部分。

              文法の意味だけ理解しようとしても、やはりその前後の文脈がなければ、その文法の本当の意味が理解できません。

              要理解语法的含义,如果不放在文中跟前后文联系,是无法理解语法的真正含义的。

              文法の参考書・問題集を中心にするのではなく、実際に文章中でどのようにその文法が使われているか文脈を通して理解し、そして参考書等を活用して理解を深めていきましょう。

              不要以语法参考书或问题集为中心,要通过观察语法在实际文章中是怎样使用的,联系上下文来理解,然后再利用参考书等加深理解。

              また、実際、古文を読解していくうえで、「用言の活用」「助動詞の意味・活用・接続」「助詞」等について考えて読む時間はありません。条件反射で分かるようになるまで理解しましょう。

              另外,在实际做古文的阅读理解时,没有时间去一个一个考虑“用言的变形”、“助动词的意思·变形·接续”、“助词”等,要练习到条件反射性地就能理解的程度。

              ■古文単語の理解の仕方

              ■理解古文单词的方法

              古文は外国語と同じです。そして英語と同じで語彙力が読解の要です。単語の意味が分からなければ、問題を読むこともできません。

              古文和外语差不多。和英语一样,古文的阅读理解也需要词汇能力。如果不知道单词的意思,也就读不懂题目了。

              単語帳を購入して、単語を覚えていきましょう。その際、「単語と意味だけ書いてあるもの」や「例文で覚えていくもの」ではなく「文章の中で単語を覚えていくタイプ」のものがオススメです。

              买本单词书记单词吧。不要买“只有单词和释义的书”,也不要买“放在例句里记忆的书”,我推荐您用“放在文章中记单词的书”。

              文脈で理解しない単語は、表面的にしか理解することができません。

              如果不放在上下文中理解单词,记住的只是单词的表面含义。

              言葉は、実際に使われている文脈の中で理解して言った方が、深く理解できますし、記憶にも残ります。

              单词要在实际应用中,放在文章中去理解,这样才能更好地理解,且记忆深刻。

              「文章の中で覚えていく単語帳」で、文脈の中で古文単語を覚えていきましょう。

              用“通过文章记单词”的单词书,放在上下文中记忆古文单词吧。

              ■古典常識及び古代の人々の価値観を理解する

              ■理解古典常识和古人的价值观

              古文は、古代日本を舞台として書かれた文章です。現代の我々日本人とは、生きている時代も違いますし、当然価値観も違っています。

              古文,是以古代日本为舞台写下的文章。生活在现代的我们,时代不同,当然价值观也不同。

              やはり、古文を理解するためには、当時の時代背景、人々の価値観、常識等理解しておくことが文章の理解の助けになります。

              了解当时的时代背景、人们的价值观、常识等,对理解古文很有帮助。

              古典常識についてまとめられた参考書等を利用したり、文章の背景となっっている時代の解説を読むなどして、古典常識及び人々の価値観を理解していきましょう。

              利用那些总结古典常识的参考书,阅读文章当下所发生的时代的解说,逐渐理解古典常识和人们的价值观吧。

              ■動詞の種類及び文脈から省略されている主語を理解する

              ■理解动词的种类和从文章中被省略的主语

              古文の大きな特徴としては、一度文章に登場した人物、又は文脈から分かる人物は省略されてます。

              古文的一大特征是,会省略那些曾经在文章中登场的人物,或能从上下文了解的人物。

              現在の我々は、主語が明確な文章に慣れ親しんでしまっているので、古文の文章にとまどうのです。

              现代的我们习惯了主语明确的文章,所以有时会对古文感到困惑。

              主語を理解する方法は、使われている動詞が「尊敬語」か「謙譲語」かで判別したり、話しの流れから、つまり文脈から判別したりします。

              理解主语的方法是,根据动词是“敬语”还是“谦语”来判断,或根据话语的走向,也就是文章脉络来判断。

              そして、主語を文脈から判断するためにも理解している古文単語の数が読解のカギになってきます。

              同时,为了从上下文中判断出主语,掌握的古文单词数量也很关键。

              古文単語を数多く理解し、文脈から省略されている主語を理解していきましょう。

              多多记忆古文单词,理解那些从文章脉络中省略了的主语吧。

              ■長い文は接続助詞で区切り、1文1文理解する

              ■用接续助词把长句分段,一句一句地理解

              古文は非常に文が長いです。一文とは、文の最初から最後句読点の「。」で終わるところまでですが、文が接続助詞で多くつながり、非常に長い文になっています。 

              古文中的句子很长。一句话是指,从句子开头到句尾的句号“。”为止。古文用许多接续助词连接,所以句子很长。

              現代文で考えて見ると、「○○して、○○になって、○○で、○○して、○○した。」という感じです。

              用现代文来理解,是「做了○○、变成了○○、是○○、做了○○、做了○○。」的感觉。

              この文章の構造は、やはり現代の我々には理解しにくいです。

              这种文章结构,现代的我们理解起来很困难。

              現代文に近い形で理解しようとするには、接続助詞で一文一文区切って読むと読みやすいです。

              为了以接近现代文的形式来理解,用接续助词分割成一句一句的,这样读起来比较方便。

              接続助詞を区切りとして、その前後は文として成り立っているので問題はありません。そして、前後の文は因果関係があることを認識して読めば大丈夫です。

              以接续助词做为划分节点,因为它的前后文都能成为一句话,所以没有问题。只要认识到前后文是有因果联系的,读起来就没问题了。

              長い文章を、長い文として理解するのではなく、一文一文区切って理解していきましょう。

              不要把很长的文章当做长句来读,而一句一句的划分出来理解吧。

              翻译为启程日语原创,未经授权禁止转载。

              相关阅读推荐:日语学习方法之语法篇:接续词的种类

              2019-10-03

              阅读全文